院内技工 | みやわき歯科

AESTHETIC ARTIFICIAL DENTURE審美義歯

当院では、院内に技工所を完備しており、経験豊富な院長が入れ歯の製作を日々行なっております。
院内に技工所を併設するということは、歯科医院にとって「スピーディーな対応ができる」・「コミュニケーションロスが少ない」など、多くのメリットがあります。
正式には「審美義歯」という言葉は存在しませんが、当院では「見た目のいい義歯」という意味の総称で使用しています。
義歯は入れ歯の事で、歯のないところを補う為のものです。
機能することは勿論ですが、保険内でできる入れ歯は、総入れ歯を除き、どうしても金属部分が見えてしまい、あまり見た目が良いものではありません。
噛めるのは当たり前ですし、そこからさらに一歩進んで見た目を重視した入れ歯を目指し、入れ歯だと人にわからない入れ歯を審美義歯と勝手に名づけました。

MELIT院内技工のメリット

細かいリクエストに対応できる

外部の技工所に作業を依頼する場合、歯科医師が書いた書面を元に技工士が作業を行いますが、院内に技工士がいれば、細かいリクエストを聞き、それに対してご説明することができます。
患者様お一人お一人に適した入れ歯のご提供ができるので、装着した際のフィット性も違います。

治療期間が短縮できる

技工所のない歯科医院では、外部の技工所と郵送で模型などをやりとりするため、型取りから実際に歯にかぶせるまでに、どんなに急いでもある程度の期間が必要になります。
当院では院内に技工所を併設しているため、型取りをしたその日に入れ歯を製作できますので、大幅な期間短縮が可能となります。

SERVICEサービス

審美義歯での入れ歯作製の際に、ご希望の方に、無料で名入れサービスをさせていただいております。
個人識別にも役立ちますし、何より自分だけの特別感があります。
新製品はもちろん、使いなれた入れ歯にもすぐできますので、お気軽にお問い合わせください。
あなただけの入れ歯を作製してみませんか?

MAGNETIC ATTACHMENT磁性アタッチメント

残っている自分の歯に磁石と相性のいい金属を取り付け、入れ歯側には小型の磁石を取り付けます。
磁力によりガタつきのないフィットした入れ歯を可能にします。
従来の部分入れ歯のように、残っている歯に金属のバネをかけて支える方法では、支えとなる歯に負担がかかってしまい、歯を痛めてしまうことがありましたが、磁性アタッチメントである「マグフィット」は周りの歯に負担をかけません。
歯根に「磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)」を取り付け、入れ歯にも小型の磁石を埋め込みます。

そして強力な磁力でしっかりと入れ歯を固定します。
歯の無い方の場合は、人工歯根であるインプラントを埋め入れ、インプラントに磁性金属を取り付けます。

磁性アタッチメントのメリット/デメリット

  • □ 装着・取り外しが簡単
  • □ 見た目が入れ歯を感じさせない
  • □ ピッタリ固定して、よく噛める
  • □ 自分の歯で噛むことができ、全身の健康を増進
  • □ 抜くとあきらめていた歯を利用
  • □ お手入れが簡単
  • □ 保険が利かないから費用がかかる

※磁性アタッチメントの他にも様々なアタッチメントがあります。
その方に合ったアタッチメントを作成致しますので、一度ご相談ください。

SMILE DENTUREスマイルデンチャー

スマイルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)とは、部分入れ歯の金属を歯や歯茎と同じ色にすることで、笑ったときに金属が見えないようにする入れ歯です。
部分入れ歯は、残っている歯に金属のフックをかけて入れ歯が動かないようにしますが、フックは金属で作るため、見た目にはいいのものではありません。
そこで、フックの部分を目立たなくさせ、歯や歯茎の色に合わせたものがスマイルデンチャーになります。

破折に強い素材で、歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく異なる部分で、
日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があります。

MELITスマイルデンチャーのメリット

入れ歯の金属がないため
入れ歯だと気づかれにくい

スマイルデンチャーのフックは、歯や歯茎の色に合わせて作るため、笑っても入れ歯が入っていることには気づかれません。 歯茎の色に合わせたフック自体も歯の根元に添わせるため、段差もほとんど目立つことはありません。

透明感があり
歯茎に馴染んでいる

スマイルデンチャーのプラスチックは、透明感があり、柔らかくしなりのある材質のため、歯茎に色が馴染み口元が綺麗に見えます。

入れ歯を薄くできるため
違和感が少ない

スマイルデンチャーは保険の入れ歯に比べ、強度と柔軟性があるため、薄く作ることができます。そのため違和感が少なく、使いやすい入れ歯となります。

DEMELITスマイルデンチャーのデメリット

調整がしにくい

スマイルデンチャーは柔軟性があるため、新たにプラスチックで修理することができません。 そのため、ある程度定期的に作り変えなければいけません。 歯茎の色に合わせたフック自体も歯の根元に添わせるため、段差もほとんど目立つことはありません。

保険内診療ではできない

スマイルデンチャーは、保険内診療では作製できません。 保険外診療となり金額はだいたい9万円~30万程度になります。

プラスチックがすり減り
入れ歯がゆるくなる

金属のフックの代わりに、プラスチック部分で歯を支えるため、何回も取り外しをしていると、プラスチックのフック部分がすり減ってしまい、スマイルデンチャーがゆるくなる場合があります。

インプラントの場合は、全ての方ができるわけではなく、糖尿病・骨粗鬆症・リュウマチなどの全身的な理由でできない場合もあります。
スマイルデンチャーであれば、インプラントと同じような見た目を回復することができますが、インプラントと同じような噛む力は回復することができません。

インプラントを入れる前やインプラントが骨と固まるまでの間に、スマイルデンチャーを使用することができます。
インプラント治療はどうしても時間がかかってしまいますので、その間に噛み合わせや見た目を回復するため、スマイルデンチャーを使用し、インプラント治療をしていることが判らないようにすることが可能です。

SPORTS MOUTH GUARDスポーツマウスガード

スポーツマウスガードは、スポーツ・格闘技等の激しい接触や歯を食いしばる場面を伴う競技で広く使用されています。強い衝撃を和らげる効果があり、通常は上顎に装着することで歯が折れたり唇や舌、頬の粘膜の外傷防止や軽減に役立ちます。

FLOWマウスガード作成の流れ

当院では院内技工所にて院長が一人ひとりのお口に合わせて適正な噛み合わせを考慮したオーダーメイドのマウスガードをお好みの色でお作りしております。
最初のご来院で歯の型とりを行い、2回目の来院の際にはお渡しすることが可能です。製作には2日程度の日数を見込んでいただいております。安全にスポーツを楽しむためのマウスガードに興味をお持ちの方は、当院にお気軽にご相談ください。